株式

LINE証券の評判・取扱銘柄は? 手数料からメリット・デメリットまでを解説

すっかり日本人のライフラインに浸透したLINEですが、メッセンジャーアプリ以外にも様々な事業に参入し始めています。

その一つとしてLINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社が合弁会社を起こし参入したのが証券業になります。

メッセンジャーアプリを主軸とした企業が運営する取引所という全くの別領域ということもあり少なからず不安を感じる方もいらっしゃるのではないでしょうか。

本記事ではLINE証券の評判(メリットやデメリット)や取扱銘柄数、手数料について詳しく解説していきます。

LINE証券の概要
会社名LINE証券株式会社
所在地東京都品川区西品川一丁目1番1号住友不動産大崎ガーデンタワー22階
資本金100億円
主要株主LINE Financial株式会社
野村ホールディングス株式会社

LINE証券とは

LINE証券はINE Financial株式会社と野村ホールディングス株式会社の合弁会社であるLINE証券株式会社が運営しています。

90年以上の歴史と実績で培ってきた金融ビジネスのノウハウを持った「野村ホールディングス」とユーザーエクスペリエンスに優れた「LINE」の強みが活かされた取引所なだけあり信頼性、使いやすさは抜群だと言えます。

LINE証券のメリット

[box class="box33" title="「LINE証券」 5つのメリット"]

  1. 厳選された315種類の銘柄を1株150円~3,000円で購入できる
  2. 厳選された28の投資信託に100円から投資できる
  3. LINE Payからの購入が可能
  4. スマホから直感的に購入が可能
  5. スプレッドが上乗せされた状態で購入できるので初心者にも分かりやすい

[/box]

厳選された315種類の銘柄を1株150円~3,000円で購入できる


LINE証券では厳選された315社の銘柄を購入することが可能です。

また単元単位ではなく、1株からの購入ができるので150円~3,000円程度から始めることが可能です。

LINE証券の銘柄一覧

[open title='銘柄一覧を確認する']

証券コード銘柄名
1332日本水産
1333マルハニチロ
1414ショーボンドHD
1605国際石油開発帝石
1801大成建設
1803清水建設
1812鹿島建設
1925大和ハウス工業
1928積水ハウス
1951協和エクシオ
1963日揮HD
2002日清製粉グループ本社
2120LIFULL
2121ミクシィ
2124ジェイエイシーリクルートメント
2127日本M&Aセンター
2146UTグループ
2157コシダカHD
2181パーソルHD
2206江崎グリコ
2212山崎製パン
2229カルビー
2264森永乳業
2267ヤクルト本社
2269明治HD
2282日本ハム
2296伊藤ハム米久HD
2317システナ
2326デジタルアーツ
2353日本駐車場開発
2371カカクコム
2412ベネフィット⋅ワン
2413エムスリー
2427アウトソーシング
2432ディー⋅エヌ⋅エー
2492インフォマート
2501サッポロHD
2502アサヒグループHD
2503キリンHD
2587サントリー食品インターナショナル
2593伊藤園
2670エービーシー⋅マート
2702日本マクドナルドHD
2768双日
2802味の素
2809キユーピー
2810ハウス食品グループ本社
2811カゴメ
2871ニチレイ
2897日清食品HD
2914日本たばこ産業
2931ユーグレナ
3038神戸物産
3048ビックカメラ
3064MonotaRO
3086J.フロント リテイリング
3088マツモトキヨシHD
3092ZOZO
3099三越伊勢丹HD
3182オイシックス⋅ラ⋅大地
3197すかいらーくHD
3288オープンハウス
3289東急不動産HD
3360シップヘルスケアHD
3382セブン&アイ⋅HD
3401帝人
3402東レ
3405クラレ
3407旭化成
3436SUMCO
3445RS Technologies
3479ティーケーピー
3543コメダHD
3563スシローグローバルHD
3635コーエーテクモHD
3668コロプラ
3679じげん
3697SHIFT
3769GMOペイメントゲートウェイ
3861王子HD
3923ラクス
3926オープンドア
3932アカツキ
3966ユーザベース
3990UUUM
3993PKSHA Technology
3994マネーフォワード
4004昭和電工
4005住友化学
4023クレハ
4042東ソー
4063信越化学工業
4183三井化学
4188三菱ケミカルHD
4307野村総合研究所
4321ケネディクス
4324電通
4344ソースネクスト
4348インフォコム
4384ラクスル
4385メルカリ
4452花王
4502武田薬品工業
4507塩野義製薬
4523エーザイ
4543テルモ
4565そーせいグループ
4578大塚HD
4587ペプチドリーム
4631DIC
4661オリエンタルランド
4666パーク24
4680ラウンドワン
4684オービック
4689ZHD(旧ヤフー)
4704トレンドマイクロ
4739伊藤忠テクノソリューションズ
4751サイバーエージェント
4755楽天
4768大塚商会
4819デジタルガレージ
4901富士フイルムHD
4911資生堂
4921ファンケル
4922コーセー
4927ポーラ⋅オルビスHD
4974タカラバイオ
4996クミアイ化学工業
5019出光興産
5020JXTGHD
5108ブリヂストン
5202日本板硝子
5232住友大阪セメント
5233太平洋セメント
5301東海カーボン
5332TOTO
5401日本製鉄
5406神戸製鋼所
5711三菱マテリアル
5713住友金属鉱山
5802住友電気工業
6027弁護士ドットコム
6080M&Aキャピタルパートナーズ
6098リクルートHD
6099エラン
6101ツガミ
6103オークマ
6113アマダHD
6141DMG森精機
6146ディスコ
6184鎌倉新書
6196ストライク
6222島精機製作所
6235オプトラン
6268ナブテスコ
6273SMC
6301小松製作所
6326クボタ
6361荏原製作所
6367ダイキン工業
6370栗田工業
6383ダイフク
6457グローリー
6460セガサミーHD
6471日本精工
6472NTN
6473ジェイテクト
6474不二越
6479ミネベアミツミ
6481THK
6501日立製作所
6503三菱電機
6506安川電機
6572RPAHD
6594日本電産
6645オムロン
6652IDEC
6701NEC
6702富士通
6703沖電気工業
6724セイコーエプソン
6752パナソニック
6753シャープ
6754アンリツ
6758ソニー
6762TDK
6856堀場製作所
6857アドバンテスト
6861キーエンス
6902デンソー
6952カシオ計算機
6954ファナック
6965浜松ホトニクス
6971京セラ
6976太陽誘電
6981村田製作所
6988日東電工
7011三菱重工業
7012川崎重工業
7013IHI
7172ジャパンインベストメントアドバイザー
7182ゆうちょ銀行
7201日産自動車
7203トヨタ自動車
7261マツダ
7267本田技研
7270SUBARU
7272ヤマハ発動機
7309シマノ
7412アトム
7453良品計画
7532パンパシフィックHD
7545西松屋チェーン
7550ゼンショーHD
7564ワークマン
7581サイゼリヤ
7606ユナイテッドアローズ
7616コロワイド
7701島津製作所
7716ナカニシ
7733オリンパス
7735SCREENHD
7747朝日インテック
7751キヤノン
7752リコー
7762シチズン時計
7803ブシロード
7832バンダイナムコHD
7936アシックス
7951ヤマハ
7956ピジョン
7974任天堂
8001伊藤忠商事
8002丸紅
8015豊田通商
8028ファミリーマート
8031三井物産
8035東京エレクトロン
8050セイコーHD
8053住友商事
8058三菱商事
8111ゴールドウイン
8113ユニ⋅チャーム
8114デサント
8179ロイヤルHD
8267イオン
8281ゼビオHD
8306三菱UFJ FG
8308りそなHD
8316三井住友FG
8411みずほFG
8439東京センチュリー
8473SBIHD
8591オリックス
8628松井証券
8729ソニーフィナンシャルHD
8750第一生命HD
8766東京海上HD
8771イー⋅ギャランティ
8801三井不動産
8802三菱地所
8830住友不動産
9005東急
9020JR東日本
9021JR西日本
9022JR東海
9024西武HD
9041近鉄グループHD
9064ヤマトHD
9086日立物流
9104商船三井
9107川崎汽船
9142JR九州
9201日本航空
9202ANAHD
9301三菱倉庫
9433KDDI
9434ソフトバンク
9437NTTドコモ
9474ゼンリン
9501東京電力HD
9531東京ガス
9602東宝
9603HIS
9613NTTデータ
9616共立メンテナンス
9681東京ドーム
9684スクウェア⋅エニックス⋅HD
9697カプコン
9706日本空港ビルデング
9716乃村工藝社
9735セコム
9766コナミHD
9792ニチイ学館
9831ヤマダ電機
9843ニトリHD
9861吉野家HD
9962ミスミグループ本社
9983ファーストリテイリング
9984ソフトバンクグループ
[/open]

厳選された28の投資信託に100円から投資できる


過去の運用パフォーマンスが良好な受賞歴のある投資信託や、ブル・ベア型ファンドを含む全ての取扱銘柄を、購入手数料0円で100円から取引することができます。また、スイッチング取引が可能なブル・ベア型ファンドもスイッチング手数料0円で取引することができるため他の証券会社で購入するよりもよりよいパフォーマンスを見込むことができます。

LINE証券の投資信託一覧

インデックス・ファンド7銘柄、アクティブ・ファンド18銘柄、ブル・ベア型ファンド3銘柄が取り揃えらています。「投信ブロガーが選ぶ! Fund of the Year 2018」、「R&Iファンド大賞2019」、「FUND OF THE YEAR 2018」、「一億人の投信大賞2018」、等の受賞歴のある投資信託もあるため多種多様な選択肢を得ることができます。

LINE Payからの購入が可能

LINE証券銘柄はLINE Payでの購入が可能です。

LINE Payでは定期的に利用金額の一部をキャッシュバックするキャンペーンを開催しているため、LINE証券のキャンペーンと併せると市場で購入するよりもお得に株式を購入することができます。

スマホから直感的に購入が可能

現時点ではLINEアプリから直接売買することしかできませんが、初心者向けに徹底的にカスタマイズされたUIであるため難しい操作は一切なく手軽にかつ直感的に購入することができます。

スプレッドが上乗せされた状態で購入できるので初心者にも分かりやすい

LINE証券では購入価格にスプレッド(取引手数料)が上乗せされた状態で表記されているため、手数料を気にせず購入することができます。

ほとんどの証券会社では表示価格とは別に手数料が別途取引時に資産残高から差し引かれてしまうため初心者にとっては有り難い仕様ではないでしょうか。

LINE証券のデメリット

[box class="box33" title="「LINE証券」 2つのデメリット"]

  1. NISAやiDeCoなどのサービスがない
  2. 信用取引ができないため初心者以外には不向き

[/box]

NISAやiDeCoなどのサービスがない

毎年一定金額の範囲内で購入した金融商品から得られる利益が非課税になるNISA(少額投資非課税制度)やiDeCoには現時点では対応していません。

今後、積立などのサービスを拡充していくといった話はでてきているようなので後々改善されるものと考えられます。

信用取引ができないため初心者以外には不向き

初心者の方にとっては少額で始められるといったメリットがありますが、ある程度株式の取引に慣れている方にとって信用取引ができない点は致命的でしょう。

長期的スパンでコツコツ利益を追い求める方には適したサービスでありますが、最短で利益を追求したい方は少額投資で大きい金額が動かせるようになる信用取引に対応した取引所を利用することをおすすめします。

LINE証券の評判

LINE証券では毎週火曜日と木曜日の2日間限定で株のタイムセールが開催されています。最大7%オフということもあって余程の値動きがなければ翌日に売却するだけで利益を得ることができる神キャンペーンが定期的に実施されています。

LINE Payから入金する場合には余裕を持って数日前から行う必要がありそうですね。

-株式
-,

Copyright© F Labo(フィンテックラボ) , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.